消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準

消費者金融はどのような審査基準のもとに融資可否や融資額を
決定しているのでしょうか。

 

消費者金融は原則として無担保でお金を貸しています。
普通に考えれば、無担保で見ず知らずの人に数十万円ものお金を
貸すという行為は、なかなか考えられないものです。

 

 

では、実際に消費者金融の審査基準はどうなっているのかを知っておきましょう。

 

 

銀行、信販会社との違い

 

最も低金利でお金を借りることができるのは、やはり
「銀行」
です。

 

銀行は不動産担保や保証人が無い人にはお金を貸しません。
審査においては住民票や納税証明書、収入証明など
多くの証明書類の提出を求められます。

 

また、審査にかける時間も長く、審査申し込み後すぐに融資決定
というわけにはいきません。

 

 

クレジットカードを扱う信販会社においては担保が不要な分、
申込み者の資力・性格・資産の3つの軸から総合的に信用度を
判断するという
「3C」
という考え方に基づいて審査基準を定め、慎重に審査をしています。

 

 

これに対して、消費者金融はどうなっているのでしょうか。

 

 

消費者金融の審査基準=貸した金を回収できるか?

 

消費者金融の審査基準で重要なこと。
それは、貸したお金を回収できるのか
ということに尽きます。

 

 

よって、当然ですが誰にでもお金を貸すというわけではありません。
消費者金融に申し込んでも、融資を断られる人も当然います。

 

「でも、借金がなければお金は借りれるんじゃないの?」
と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、そうとも限らないんです。

 

例えば、無職で収入がない人には融資できますか?
収入がないわけですから、返済も困難になることは
目に見えていますよね。

 

だから、無職の人は融資が断られることがほとんどです。

 

また、暴力団や政治結社、右翼団体などは
回収時の身の危険や服役による長期未回収リスクがあるため
融資NGとなる確率が非常に高いです。

 

 

◆申し込み者の情報を見て融資を断ることも

 

申し込みをする際は、店頭に来ようがネット上での
申し込みであろうが、住所や氏名、電話番号、職業、
年収、他社借り入れの有無などの個人情報を記入し申し込みます。

 

その際、個人情報によっては融資を断ることもあります。

 

例えばどんなケースがあるのでしょうか?
幾つかみていきましょう。

 

 

住所不定、家出中

→追跡ができなくなるおそれがある

 

自宅の電話が料金未納で不通

→電話連絡が取れないと、料金未納の際に督促ができなくなる。

 

勤務先

→勤怠状況が良くないことが分かったり、実際は勤務していない
 ことが判明すれば、融資を断ることになります。

 

未成年

→消費者金融会社は、未成年にはお金を貸しません。

 

身分証明書が本物か

→免許証や保険証、パスポートが本人のものなのかを確認します。
 場合によっては他人のものを使っている可能性があります。

 

 

このように、消費者金融会社は限られた情報の中で、
融資の可否や額を決めていくわけです。

 

決して簡単にお金を貸しているわけではないというわけですね。

 

 

特に現在は、法改正により総量規制(お金を貸す上限が決められた)のため
以前よりも融資の審査基準は厳しくなっていると言えます。

 

ま、多重債務者を増やさないようにするためには、
厳しいほうがいいんですけどね。。

消費者金融の審査基準関連ページ

借金完済激甘審査ファイナンス
借金完済のために、審査が甘いキャッシングにしませんか?などの甘い誘惑はヤミ金のトラップの可能性が高いです。気をつけましょう。
借金何人
借金って、何人ぐらいの人がしているのでしょう?もし今あなたが多重債務に陥っていても、同じような状況の人って実はたくさんいます。だからこそ?自己嫌悪することなく、冷静に解決策を見ていきましょう。
消費者金融の借金司法書士 相談料はいくら
消費者金融でお金を借りて作ってしまった借金。返済の相談を司法書士にする場合、相談料はどのくらいかかるのでしょう?