貸金業法

貸金業法

借金に関わってくる法律として、まずは
「貸金業法」
の基礎をおさえておく必要があります。

 

でも、貸金業法といわれても、いまいちピンとこないですよね?

 

それはそうです。わたしもそうでしたし(笑)
貸金業法に関しては、平成18年の12月20日に改正され、
公布されています。

 

また、2013年にも改正されるかもしれません。

貸金業法とは?

簡単に言えば、貸金業法とは、その名のとおり、
「お金を貸すことを事業とする人(企業)向けの法律」
です。

 

具体的には、事業登録についてや業務に関する諸規制、
貸金業務取扱主任者の選任、業界団体としての
「貸金業協会」や「社団法人全国貸金業協会連合会」
の設立などが定められています。

 

といっても、「???」
という感じですよね。

 

ま、簡単に言えば
「お金を貸すことを事業とする人や企業向けの法律」
と覚えておけばいいでしょう。

 

 

貸金業法の意義

 

ちなみに、貸金業法の第1条では、
貸金業法と意義として次のように書かれています。
ちょっと長いですし、法律用語で分かりにくい部分も多々あるとは思いますが
紹介しますね。

 

「貸金業が我が国の経済社会において果たす役割にかんがみ、
貸金業を営む者について登録制度を実施し、
その事業に対し必要な規制を行うとともに、
貸金業者の組織する団体を認可する制度を設け、
その適正な活動を促進することにより、
貸金業を営む者の業務の適正な運営を確保し、
もつて資金需要者等の利益の保護を図るとともに、
国民経済の適切な運営に資することを目的とする」

 

 

どうひいきめに見ても、分かりにくいですよね(^_^;)
「漢字ばかりで読む気もしない(ーー;)」
という方もいるかと思いますので、これも要約します。

 

お金を貸すという事業は日本経済にとってとても大事ですよ。

 

だから、好き勝手にはやらせられないので、
国の認可を必要としますよ。
(ま、車の免許みたいなもんです。)

 

利用者の不利益にならないような法律にしますよ。

 

 

ってな具合です。

 

この貸金業法が、平成18年12月20日に改正されて、
より消費者が保護される内容となっています。

貸金業法関連ページ

借金返済に困っても思いつめない
借金返済に困っても精神的に思いつめないことが大切です。借金問題で苦しんでいるのはあなただけではないし、今は普通にいますから。そして、解決も普通にできます。
なぜ借金?
借金返済に悩むようになるには、原因があるわけで。そもそもなぜ借金をしてしまったのか?ということを考えてみました。
借金は麻薬と同じ?
借金には麻薬と同様、魔力というか依存性というかそういうものがあると実際借金をして気づきました。
借金はタバコのようなもの
借金とタバコって、同じような依存性があると思います。ということは?借金をやめたい、返したいなら?禁煙のノウハウを学ぶことで改善できるかもしれません。
借金相談 恥ずかしい
借金があること、借金苦に陥っていることが恥ずかしいと思っていませんか?決して恥ずかしいことではありません。相談すると精神的に楽になりますよ。
貸金業法改正
貸金業法改正について。
借金返済ブログ
借金返済のブログってたくさんあります。借金をしている先輩方の生き様は参考になりますよ(笑)もちろん、自分で借金返済ブログをつけていくといのもいいでしょう。
借金返済の裏ワザ
借金返済の裏ワザ教えます!的な謳い文句を見つけたら?怪しいと思っておいたほうがいいです。そんなのあったら私が利用してますw
シュミレーション
借金返済に苦しんでいる、悩んでいるなら?いきなり法律事務所にかけこんで債務整理の依頼をする前に、一度シュミレーションをしてみませんか?どのくらい自分の借金が減るのか知るチャンスです。
借金返済と計算
借金整理をした後にどれくらいの返済額で済むのか?一度計算(シミュレーション)してみるといいですよ。漠然と考えているよりも、具体的に数字で把握することでよりイメージがわきますから。
個人情報を入力せずに借金減額 シミュレーション
個人情報を入力せずに借金減額できるか分かるシミュレーションがあれば便利ですが、そんな都合のいいもの、果たしてあるのでしょうか?